daydayday

wanna be sunday people
<< イヤホン | main | FUJIROCK2012 2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
FUJIROCK2012 1日目


2002年以来3度目のFUJIROCK。

つまるところ10年ぶりですか。
10年経つといろいろとあるわけで、チケットは取れたけど宿が全く取れないぞ。
前はネットで調べて宿に直に連絡して簡単に取れたけどなぁ。
あまりにも取れる気配がないから、越後湯沢駅近で決めました。
大峰山荘
この宿も、4月の建築士講習を受けているときにあまりにも暇だったときに偶然見つけて取れた感じで、これが取れていなかったら、野宿しかなかったね。


なかなかキレイな宿でよかったです。なんてったってじょんのびの湯がよかったね。
毎夜一人で温泉つかり放題。熱くて3分くらいしかつかり放題してないけど。

そんなこんなで、新幹線で越後湯沢に10:30ごろついて大峰山荘まで徒歩10分。
チェックインして、準備していざ苗場の会場へのシャトルバス乗り場へ。
こんな感じです。


待つこと1時間弱。すでに腕がひりひりしてきましたよ。
バスに乗ること40分。ようやく会場について、意気揚々と歩いた先には
リストバンド交換に並ぶ長蛇の列。
ここで待つこと1時間半。もうへとへとです。
そうしてなんとかチャットには間に合いました。


二人になっちゃったけど、
最後の曲の恋愛スピリッツでは
ヴォーカルもドラムを叩いて歌いきる感動なライブでした。

そのあとは、BIRTHDAYすら見ずにのんびりと。
HEAVENまで散歩しつつ。


WHITE STAGEでGOSSIPを見たけどなかなかよかった。
BEADY EYEを横目に見て一休みして
OCEAN COLOUR SCENEをちょっとみてからSTONE ROSESに備えて
GREEN STAGEに移動。


STONE ROSES。こんな感じ。
ジョン・スクワイアのギターがかっこよすぎ。

このあと、JAMES BLAKEを観に行ったのが運の尽き。
帰りのシャトルバス待ちなんと2時間。
耐力の限界からの2時間は、中学時代の夏の部活以上の過酷さで
「もう二度と来るもんか」「スタッフ、バス、少なすぎでしょ」
「せめて、一直線で並ばせて。くねくね並ばせられて、バスに近寄っては離れてを何回繰り返せばバスに乗れるのかのこのトラップ何とかならないか。(リストバンドの時もそうだったけどね)」
「明日は、ノエルなんか見てる場合じゃないな」
といった心の叫びがいたるところで響いていましたよ。

宿に帰ったのは、3時。明日もあるんだけど〜。
とりあえず、オリンピックの開会式を見ながら爆睡。



| LIVE | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://highvision50.jugem.cc/trackback/191
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE